CMS

CMS(コンテンツマネジメントシステム)の導入支援を、企業、寺院、出版社様に対し行なっています。 文章が得意であることと、画像や写真を扱う事に苦痛がなければ、Webサイトの更新が迅速且つ低コストになります。なお、万一のデータ消失の予防の為に、データベースの定期バックアップが可能なレンタルサーバのご利用をお薦めてしております(斡旋も可能)

CMSの利用シーン

企業等の会社案内、寺院の案内サイト

ブログ感覚でご自身でWebサイトの書き換えが可能になります。更新の度に業者を使いたくない場合に最適です。定期更新を想定する場合や、定形のデザインの場合にお薦めしております。当社の場合、本件で利用する主なCMSはWordPressです。

商品案内サイト

サイト上の商品説明を更新したり追加したりすることをご自身で行なえます。都度業者を利用する必要もなくなります。Eコマース(ネットショップ)を伴う場合とそうでない場合で利用するCMSが異なりますが、MovableTypeとWordPress、あるいはEC-Cubeを想定しています。

ニュースサイト

業界新聞、業界雑誌、または独立系の報道機関向けのソリューションです。アクセス数や実現したい機能の想定によりMovableTypeとWordPressを使い分けます。なお、更新頻度が高いと思われることと、比較的複雑になるケースが多いことと、データベースレコード数の増加スピードが速いと思われるため、定期的にサーバパフォーマンスの再検討をお薦めしております。

当社で主に取り扱っているCMSソフトウエア

MovableType http://www.movabletype.jp/

一般に大手ニュースサイトでの実績が多いことから、アクセス数が多くなると見込まれるサイトや複雑な構造を持ったサイトについてお薦めしています。静的なページを生成するためにサーバマシンのリソースを大量に消費します。そのため原則として専用サーバの利用をお薦めしています。

WordPress http://ja.wordpress.org/

プラグインが多数あり、また導入やアップデートが容易であることから当社運用サイトでも利用しています。ただし表示レスポンスはMovableTypeに比べ遅くなるため、比較的アクセス数が少ないサイト、また構造がシンプルなサイトでお薦めしています。

上記CMSをお薦めしない場合

ITスキルがあまり高くないお客様

多くの記事ではCMSによる更新が「簡単」と書かれていますが、これは他のツールと相対的な関係によるもので、やはり一定のPCやネットのスキルが必要です。そのため、「パソコンがあまり得意でない」という方には私どもではお薦めしておりません。

文章を書くのが苦手な場合、面倒に感じる場合

CMSはあくまでもツールですので、その中身(コンテンツ)となる文章が書けなければ、サイトの品質を維持することはできなくなります。また文章を書くことが面倒、あるいは苦痛に感じる場合は、他の業務に影響を及ぼす可能性もあります。写真など画像を扱う場合もしかりです。

他のCMSのほうが適切と思われる場合

より簡素で操作が容易なCMSや、他のCMSソフトウエアのほうば便利と思われる場合には、あえてオリジナルのCMSを開発してご提供する場合もございます。過去にも新着情報専用の自動更新システムや企業のIR情報管理システムでは、ユーザ様に合わせて当社オリジナルでCMSを開発しております。